製品概要
 主な特徴
 主な仕様
 サポート
 よくある質問
 NC機との接続実績
 お問い合せ
 
 
 
■USBフラッシュメモリ対応
差し替えが可能な外部メモリとしてUSBフラッシュメモリが利用できます。パソコンで作成した大容量プログラムデーターをUSBメモリから直接、NC機に転送したり、NC機からのプログラムデーターを保存することもできます。
LANケーブルの敷設が困難な場合など、工場内にLAN環境が整備されていなくても、フロッピーやMOディスク等と同様にUSBメモリをご利用いただくことで、大容量データーの転送も容易に行うことができます。
■データーディスクにDiskOnModuleを採用
内部データーディスクには、IDE互換フラッシュディスク「DiskOnModule」を使用しています。フラッシュディスクは電源を切ってもデータを保持する半導体ディスクで、振動、熱、電気的ノイズ等に高い耐久性を持っていますので、HDD等と比べ条件の悪い作業現場でも安全にDNC運転、データー入出力が行えます。
■使い易いキーパネル
表示部にはバックライト付きのLCD(20文字×4行)、操作部には15mmピッチのキーボードを採用し、主要な機能をキーボード上部に配置した使いやすい設計になっています。
■FTPサーバ/ファイル共有機能を標準装備
FTPサーバ機能やファイル共有機能を持ち、CAD/CAMシステムなどで作成されたNCプログラムデーターをネットワーク経由で高速転送し、内部の大容量フラッシュディスクに保存します。
■サブファイル出力機能
サブファイル出力に対応しています。サブファイル出力とは、メインプログラムの中にサブファイル名を入れておくと、データー出力時に指定されたサブファイルの内容をあたかも自分のファイルの中に存在するデーターであるかのように転送する機能です。
■オートリワインド機能
オートリワインド機能を有効にした場合、データー出力時に指定したファイル名のデーターを最後まで出力後、終了処理をせず、同一データーの先頭から再度出力可能な状態になります。
■O番号ごとの分割保存
NC工作機械からオールパンチ機能などで複数のプログラムを出力した際に、O番号ごとのファイル名で保存できます。(※4桁のO番号のみ。一部の制御機では分割保存できない可能性があります。)
■マザトロールに対応
マザトロール対話データーの入出力(CMT)ができます。(MAZAK MAZATROLの対話データーのロード・セーブができます。)
※動作確認済み機種 (T-1/2/3/32/PLUS/640series M-1/2/32/PLUS/640series)
■長いファイル名も確認可能
ファイル名は画面上では8文字のみの表示となりますが、←と→のキーで左右に1文字ずつ移動しますので、長いファイル名も確認できます。
■文字列の長いデータも確認可能
ファイルの内容表示で文字列の長いデータも←→キーで確認できます。
■サブディレクトリへの読み書きが可能
USBメモリ及びネットワークドライブのサブディレクトリへの読み書きが可能になりました。
■スケジュール運転が可能
NCデータファイルを複数選択し、指定した順番にデータを出力する事ができます。
■送信方式の選択が可能(ブラウザによる設定のみ)
mametanからNCデーターを出力する際に送信するファイルを一時、本体メモリーに保存し送信するか、保存せずに送信するかを選択出来ます。
■RS232Cからの電源供給に対応
オプションのRS232Cケーブル(3m)を使用することにより、NC工作機械からの電源供給が可能になります。ACアダプタを使う必要がないので、コンセントの位置による設置場所の制限から解放され、ケーブルの処理も簡単になります。
※NC工作機械のRS232Cの25番ピンにDC24Vが供給されている必要があります。
標準価格:\15,000(税別)
※mametanはリュウビシステムの登録商標です。
※その他の本項に記載されている用語及び製品名は各社の商標又は登録商標です。
※製品改造のため外観及び仕様の一部を予告無く変更することがあります。


リュウビシステム 〒669-1513 兵庫県三田市三輪4丁目9-14 TEL: 079-562-4130 FAX: 079-562-4147